2013年3月6日(水)の回

| コメント(0) | トラックバック(0)
おつかれさまです。 PIXELS Inc. の石津輝人です。
春、香る京都より、あなたの幸せを祈っている今日この頃。
お元気でしょうか。


Apple の iBookStore で、日本語の電子書籍が販売になりました。

これは、けっこう、大きな、コト、だなと感じております。


いちユーザーとしては、i Pad mini に50冊くらい入れていればいいので、
新幹線移動の際に、なんて、まぁ便利ですこと。


これから、
・町の本屋は絶滅してしまうだろう
・大手取次店のビジネスモデルはどうなっていくのだろう
・紀伊國屋書店は大丈夫だろう
・中小印刷会社は多少ツライだろう
・書籍の再版制は変化せざるをえないだろう
・図書館の存在価値はよりコミュにテイ化に傾倒せざるを得ないだろう
・中古書店のビジネスモデルはしばらく維持されるではあろうが5年先はわからない
・出版社の影響力はより強くなっていくだろう
・新興の出版社にもチャンスが出てくるだろう
・電子書籍の小売りは特色の出し方をより鮮明にせねばならぬだろう
・iPad mini のretinaディスプレイモデルを早く出してほしい
・kindleやkoboなどは極端なマーケティング戦略を迫られるだろう
・EPUBはめんどうだけれど必要なのだろう
・写真集とマンガは販売の核になるけれどコピーの出回りがスゴイだろう
・Google Play の日本語書籍も増えていく

などととなっていく中、我々もビジネス展開を考えていかねばなるまい。












※※※ これから移動するので芸術性の欠片はお休みです※※※ 













そろそろ東京に戻ります。






本日はこれにて。





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.pixels.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/646

コメントする