2014年6月18日(水)の回

| コメント(0) | トラックバック(0)
おつかれさまです。 PIXELS Inc. の石津輝人です。
なんとなくカーシェアリングサービスに加入してみた今日この頃。
行こうか、海にでも。






投資金額と売上規模の相対的関係性における利益数値について。

A.投資先行型
B.受注発注型
C.利益先行型

のように、3型による利益軌道を描く関数を形成するビジネスモデルではあるが、
キャッシュフローによる制限を無視してよいのであれば、
会計帳簿上のファイナンスの方法論に他ならない訳である。

であるからして、
A.投資先行型のビジネスモデルである場合においても、
C.利益先行型のような会計処理をおこなうことにより、
健康体であるように見せることが可能となる。

但し、勿論ながら合法である必要がある。

ある時点での企業会計の決算情報を見て、
赤字決算であったとしても、その内容によっては非常に有望とも取れる訳であり、
また逆に黒字決算であっても、損金の繰り延べである可能性もあるので、
十分な吟味が必要だということは言うまでもない。



20140618.jpg





























ほんまかいな。






本日はこれにて。





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.pixels.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/961

コメントする