2014年7月7日(月)の回

| コメント(0) | トラックバック(0)
おつかれさまです。 PIXELS Inc. の石津輝人です。
チビデブハゲと言われないように、ヒゲぼうぼうにしようかと考えている今日この頃。
そちらの天気も雨模様でしょうか。



「頭のいい小学生が解いているパズル」という本を買いまして、
けっこうこれが難しいんですな。


その本いわくには、思考法=ものごとの考え方には、5種類あるんだそうです。

1)はしご型
  知識と経験で直感的に解いていく思考方法

2)ピラミッド型
  わかったことを積み上げながら解いていく思考方法

3)しらみつぶし型
  ルールを作って、もれなく1つずつ確認しながら解いていく思考方法

4)リバース型
  答えを予測し、逆算して解いていく思考方法

5)単純変換型
  無駄なものを省いたり、わかりやすく置きかえて解いていく思考方法


なるほど、そうゆうもんかもしれませんな。




その人の考え方が1種類というわけでもなくて、
そういうアプローチの傾向がありますよね、だからバランス良く、
パズルで考え方の練習をして鍛えましょう、
というコトのようです。


で、会社で言いますと、
はしご形は、営業マン的。
ピラミッド型は、技術者的。
しらみつぶし型は、研究者や経理マン的。
リバース型は、責任者や役員的。
単純変換型は、社長的。
な思考方法なんだそうです。


確かに、言われてみれば、そういう気がしますな。


自分の興味のあるポジションに必要な思考方法を鍛えてみては、
いかがでしょうか。

つって。


20140707.jpg




























詳しくは本を買ってみてね。






本日はこれにて。










トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.pixels.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/975

コメントする